top of page

【VAR豆知識】銃の重さ




こんにちは~、VAR LIVE JAPANの黒帯先生です🥋

始まりました、豆知識と言いながら豆知識もならないあんにゅいなラインで語る黒帯豆知識シリーズーーー(∩^o^)⊃━☆゚


今回お送りするのは『何故銃はこんなにも重いのか』


こちらをお届けしたいと思いまっす!



前回のコラム#3でも書かせていただきましたが、銃が重いんですよ…もう自分が重力刀を受けたのではないかと錯覚しますね★(嘘)



銃がなぜこんなにも重いのか…c(`Д´と⌒c)つ彡 ヤダヤダ

アーケードなら万人受けする重さがいいじゃないですかねって思いますけど。。。ひ弱な私にやさしくない重さです|˙꒳˙)


そんな御託は聞きたくない!

早速理由を述べますと開発者のこだわりデス(。-`ω-)



グロック17(GLOCK17)という実銃が存在するそうで、

よりリアリティを!!!ということでその銃の重さに近づけたそうですよ★


グロック17(Glock 17)は、オーストリア銃器メーカーであるグロック社が開発した自動拳銃口径は9mm(9x19mmパラベラム弾)。装弾数は複列弾倉(ダブルカラム・マガジン)による17+1発。


VAR BOXガンは約1Kgとなっておりますので、グロック17大体弾装填時の重さと同じくらいになります!

それは鉄アレイの代わりに使いたくなりますよね(´ー`*)ウンウン




この豆知識を思い出しながらLet's play VAR BOX٩(´・ω・`)و




↓↓↓VARBOXをより詳しく知りたい方↓↓↓


★コミュニティ、オンライン対戦に便利なDiscordチャンネル

★最新情報をいち早くゲット!X / Instagram

★VARBOXの歴史を見よ! youtubeちゃんねる

★アプリをダウンロードしたいけれど探しきれないあなたに











Recent Posts

See All

事業譲渡のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、このたび株式会社VAR LIVE JAPANは 2024年6月1日(以下、「事業譲渡日」といいます)をもちまして、VAR BOXに関する事業を、アミューズメント・VR開発関連を手掛ける会社である株式会社ダイナモアミューズメントに譲渡することになりました。 同事業従業員一同、ダイナモアミューズ

Comentarios


bottom of page